株式会社ブイツーソリューションの出版する、おすすめの本をご紹介するHPです。

書籍紹介

パナケアの遺志

amazonで購入する

7&yで購入する

bk1で購入する

パナケアの遺志

藤井 善将 著

ジャンル
小説
ISBN
978-4-434-22204-7
ページ数
272ページ
判型
並製本 A5判
発売日
2016年8月1日
価格
定価864円(本体価格800円)
分類コード
0093

内容紹介

現役高校生の推理小説。17才1カ月での作品。
国際的に通用する推理小説家の誕生というべき作品である。
この作品は英語仏語中国語の翻訳を前提としていて、また、国際舞台を縦横無尽に駆け巡る作品だ。コンセプトも最先端科学と歴史とアナグラムとなっている。
ド理系とド文系の主人公たちが、一つの巨大な国際的陰謀を明らかにするという内容で「ナポレオンの秘薬と抗がん剤の陰謀」がテーマだ。
主人公は、「世界化学賞」受賞の製薬研究員・田中幸一とリオン大の歴史学者P・N・ジョゼフィーヌ。
田中は突如殺人事件容疑者として指名手配をされる。それをジョゼフィーヌが助けたのが出会いのきっかけである。彼らは、製薬業界での陰謀に巻き込まれたのだった。
「ナポレオン7世」と名乗る者に、田中を陥れた犯人・レオポールを追わせる。
田中はかつて「かぐやプロジェクト」という夢の抗がん剤・白金サレン錯体化合物の開発で大失敗した経験を持つ。「技術転売」という巨大な陰謀のせいであった。そこには「サンジェルマン伯爵」による「ナポレオンの不死薬」の謎と奇妙な一致があったのだった。不死薬を追うことで、レオポールの足跡をたどることになる。そこに意外な真実があった。

著名「パナケアの遺志」の「パナケア」とは「万能薬」という意味である。

この本は、こちらのオンライン書店で今すぐご購入いただけます。

全国の各書店からのお取り寄せも可能です。(詳しくはお近くの書店まで)