株式会社ブイツーソリューションの出版する、おすすめの本をご紹介するHPです。

書籍紹介

豪州米作の祖の妻 高須賀イチコの物語

amazonで購入する

7&yで購入する

bk1で購入する

豪州米作の祖の妻 高須賀イチコの物語

久保田 満里子 著

ジャンル
小説
ISBN
978-4-434-22251-1
ページ数
222ページ
判型
並製本 B6判
発売日
2016年10月10日
価格
定価1,296円(本体価格1,200円)
分類コード
0093

内容紹介

衆議院議員、高須賀穣と結婚したイチコは、夫が衆議院議員をやめたあと、夫と共に豪州に渡って来た。イチコ達が豪州に来た1905年頃は、オーストラリアは白豪主義を施行していた。そんななかで、スワンヒルでオーストラリアで初めての米作りに挑戦した夫の手助けをし、三人の子供を立派に育て上げ、オーストラリア社会に溶け込んでいったイチコ。高須賀イチコを主人公とした実話に基づくフィクションである。物語の一部の英訳もついている、ユニークな本である。メルボルン在住の作家、久保田満里子が万感の思いを込めて2年がかりで書いた物語である。

もくじ

1948年広島生まれ。
広島大学卒業後、名古屋市立の中学校で4年間社会科を教えた後、1975年よりオーストラリア在住。
モナシュ大学で修士号、博士号を取得。
メルボルン大学で17年間日本語教育に従事し、2008年に退職。
退職後、執筆活動を始める。
ビクトリア日本クラブのニュースレターとメルボルン情報サイトのGO豪メルボルンに小説を掲載。
著書に『短編小説集 オーストラリア メルボルン発』、『蒙志とローズ』がある。

この本は、こちらのオンライン書店で今すぐご購入いただけます。

全国の各書店からのお取り寄せも可能です。(詳しくはお近くの書店まで)