株式会社ブイツーソリューションの出版する、おすすめの本をご紹介するHPです。

書籍紹介

超経験主義経済学(4版)

amazonで購入する

7&yで購入する

bk1で購入する

超経験主義経済学(4版)

村田 浩之 著

ジャンル
論文・学術書・参考書
ISBN
978-4-434-22317-4
ページ数
192ページ
判型
並製本 A5判
発売日
2016年8月30日
価格
定価3,024円(本体価格2,800円)
分類コード
3033

内容紹介

対象:短期マクロ経済モデル
要約:総価値を同型変換にて分割した構造で捉える。
分割:不均衡の均衡要素への分割
分割構造 実経済:投資と基礎消費による総生産額の分割
     金融の資産:純資産と消費額による総資産の分割
     金融の負債:流通用貨幣量と貨幣選好貨幣量による分割
貨幣:貨幣価値に分割構造に基づく変数を導入
内容:
・消費関数、投資関数、及び貨幣供給関数の導入
・正規化構造:直接観測されない理論的な価値を導入し、総価値を
 市場単位に分割
・型分類:構成比により型分類、それらの特徴
・相対量と絶対量:これを基礎概念に正規化構造上の商品と貨幣価値構造の導入
・国内外データへの適用

もくじ

目次 第0章 理論 4
第1章 実経済
§1 考察の対象とするマクロ経済モデル 9
§2 価値の存在と種類 10
§3 価値の分解 12
§4 リスク 16
§5 競争とマクロ経済 19
§6 労働市場(Y = GDP) 23
§7 商品市場(Y = 生産額) 26
第2章 資産から見た金融
§1 価値の分類 29
§2 信用システム 31
§3 信用システム上の投資関数 36
§4 信用創造とマクロ経済のタイプ 46
§5 人口と投資             48
§6 信用と雇用者所得          50
第3章 負債から見た金融
§1 間接金融の構造 53
§2 正規化構造上の貨幣流通速度 60
§3 正規化構造上の貨幣発行 63
§4 貨幣選好=0 のケース 66
§5 貨幣が価値を持つための条件 68
第4章 正規化構造上の商品と貨幣の価値
§1 相対量と絶対量 69
§2 相対量としての商品価値 72
§3 絶対量としての貨幣価値 75
§4 代用貨幣 79
第5章 労働市場データ検証
§1 検証仕様とデータ算出例(2010) 82
§2 1976-2010年の算出結果 83
§3 データ 87
第6章 19世紀データ検証
§1 データの作成方法 90
§2 1801-1901年 算出結果とデータ 91
第7章 金融市場データ検証
§1 検証仕様 93
§2 1976-2010年の算出結果 95
§3 データ 100
第8章 金融市場データ検証2
§1 検証仕様 101
§2 1976-2010年の算出結果 102
§3 データ 112
第9章 1923年ドイツの金融
§1 検証仕様と算出結果 115
§2 データ 119
第10章 1920-1936年 米国の金融
§1 検証項目とデータ仕様 120
§2 算出結果 121
§3 データ 126
第11章 貨幣の絶対価値と為替相場の比較
§1 検証仕様とデータの仕様 128
§2 US 129
§3 GB 136
§4 GE 144
§5 FR 152
§6 JP 161
第12章 rAB の安定性と相対量としての為替レートの検証
§1 検証仕様とデータの仕様   169
§2 US 170
§3 FR 176
§4 JP 185
参考文献 190

この本は、こちらのオンライン書店で今すぐご購入いただけます。

全国の各書店からのお取り寄せも可能です。(詳しくはお近くの書店まで)