株式会社ブイツーソリューションの出版する、おすすめの本をご紹介するHPです。

書籍紹介

司馬遼太郎の「日本人論」と現代の日本

amazonで購入する

7&yで購入する

bk1で購入する

司馬遼太郎の「日本人論」と現代の日本

二十一世紀の日本人にその声は届いているか

宇内 日呂志 著

ジャンル
ビジネス・情報・社会
ISBN
978-4-434-23095-0
ページ数
348ページ
判型
並製本 四六判
発売日
2017年3月19日
価格
定価1,944円(本体価格1,800円)
分類コード
0036

内容紹介

 司馬遼太郎は、日本の近代のルーツを鎌倉幕府の誕生に求めた。封建制は進歩の力を内包し、西欧近代へも親和的な統治システムだったからだ。こうした中世を経験しなかったアジアの国々は立ち遅れた。一方で、日本人が長く育んできた道徳観や規範意識は、進歩と安定を調和させ、近代化を支えた。我々がそうした伝統の下にあることは、現代の日本が、世界中でも稀に見る、豊かで秩序ある社会を実現させていることからも明らかである。
 しかし、その良き伝統は一時期失われ、太平洋戦争に向かう異胎の時代を生んだ。世界の動きに耳目を塞ぎ、合理的に考えることを怠れば、国は容易に危機に瀕する、それが、司馬のもう一方のメッセージでもあった。世界の組合員としての振る舞い、イデオロギーの対立の克服、歴史認識問題など、司馬の声を聞きながら、日本のこれから歩むべき道について考えてみる。

この本は、こちらのオンライン書店で今すぐご購入いただけます。

全国の各書店からのお取り寄せも可能です。(詳しくはお近くの書店まで)