株式会社ブイツーソリューションの出版する、おすすめの本をご紹介するHPです。

書籍紹介

非官吏制度の研究

amazonで購入する

非官吏制度の研究

―戦前期日本における雇員・傭人・待遇官吏・嘱託制度の成立と変遷―

石井 滋 著

ジャンル
論文・学術書・参考書
ISBN
978-4-86476-448-3
ページ数
230ページ
判型
上製本 A5判
発売日
2016年10月30日
価格
定価2,916円(本体価格2,700円)
分類コード
3031

内容紹介

戦前期の日本の行政機関を対象とする制度研究では、組織において中心的な役割を果たした官吏に焦点を当てたものが主流であった。そのため、当該機関の主に末端を担い、構成員の多数を占めていた非官吏に関しては、十分な言及がされないまま、研究が進められる傾向にあった。
それに対して、筆者は非官吏(雇員、傭人、待遇官吏、嘱託員とする)を主役として、その制度の成立と変遷の歴史を体系的に整理し、実態の解明を試みた。こうした非官吏制度の学術書は他に類を見ないものである。一方、非官吏の抱えていた処遇や位置づけは、現在の官製ワーキングプアの問題を考える上でも参考になるところがある。また、戦前期では行政機関を参考に組織を作った民間企業も見られたことから、組織における当時の人事制度のあり方を考える上でも注目される。
本書は筆者の博士論文を加筆・修正し、その後の知見となる論文を新たに追加して作成された。
非官吏について関心のある人へ是非薦めたい書籍である。

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

この本は、Amazon.co.jpで今すぐご購入いただけます。

ご希望のオンライン書店をお選びください

  • amazon.co.jp

ご購入の際はいずれかのオンライン書店を選択してください

この本はAmazon.co.jpのみの限定販売です。