株式会社ブイツーソリューションの出版する、おすすめの本をご紹介するHPです。

書籍紹介

邪馬台国への路を推理する

amazonで購入する

邪馬台国への路を推理する

―魏使は洞海湾に上陸し別府を目指した―

酒井 正士 著

ジャンル
論文・学術書・参考書
ISBN
978-4-86476-486-5
ページ数
46ページ
判型
並製本 B6判
発売日
2017年4月20日
価格
定価540円(本体価格500円)
分類コード
3021

内容紹介

『ここ数年、邪馬台國の所在地に興味を持って考えを巡らせている。結論として私は中津市から国東半島、別府市にかけての「大分県北部」と考えるに到ったが、推理の過程について記録しておきたい。邪馬台國の所在地に関しては魏志倭人伝中の「距離と方向」をないがしろにした学説も多いが、三国の戦いを経た時代の中国の測量技術のレベルは相当高かったはずである。私は距離と方向に関する記述をできるだけ忠実に扱うことにより、邪馬台國所在地の比定を試みた。』(本文より)

内容
1 魏志倭人伝中の距離と方向
2 海上の距離測定
3 魏使の上陸地点
4 上陸地(末盧國)から伊都國へ
5 伊都國から奴國を経て不彌國へ
6 不彌國から邪馬台國へ
7 距離に関する検証
8 邪馬台國の東に広がる海
9 朝鮮半島内の旅程と日数に関する考察

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

この本は、Amazon.co.jpで今すぐご購入いただけます。

ご希望のオンライン書店をお選びください

  • amazon.co.jp

ご購入の際はいずれかのオンライン書店を選択してください

この本はAmazon.co.jpのみの限定販売です。