株式会社ブイツーソリューションの出版する、おすすめの本をご紹介するHPです。

詩集・句集

二〇〇四年 怒りの夏 憤りの秋

詳細を見る

石黒 比呂秋 著

ナジャーフの子らの骸や風死せり 現在生きている21世紀が、この戦争と虚偽の時代に死ぬことを余儀なくされたミクロコスモスである自分に求める「生きざま」を、怒りとともに表現した俳句集。

発売日
2005年11月20日
価格
定価1,080円(本体価格1,000円)
ページ数
92ページ
判型
B6判

心のひきだし

詳細を見る

三条 翔也 著

ドラマの中は祭りの中 祭りの後なんてない 祭りの後は厳しい現実だけ ドラマのヒーローになりたい 祭りの中だけに生きられるから 早送りしたい 現実はいきなり数年後になる事はない 詩集。

発売日
2005年11月10日
価格
定価1,080円(本体価格1,000円)
ページ数
150ページ
判型
B6判

Frescos

詳細を見る

剣月 亨 著

Frescos、Interlude、Sombraの3部で構成された詩集。独特の言葉の配置やリズムで綴った、身近な素材を主題として非日常な世界へと分け入るその思索を、全25篇の詩に託す。

発売日
2005年10月20日
価格
定価864円(本体価格800円)
ページ数
58ページ
判型
B6判

Cosmonote

詳細を見る

岡本 佳雨 著

お迎えは午前零時の鐘のあと硝子の靴は裸足の君に コカ・コーラ君の血となり肉となり可愛い君のげっぷした隣 君の声後ろ髪引き箒星尾を引く夜に君の手を引く 若々しい想いの詰まった短歌集。

発売日
2005年9月11日
価格
定価1,620円(本体価格1,500円)
ページ数
104ページ
判型
B6判

ミラバイ訳詩集

詳細を見る

美莉亜 訳/美莉亜 著

500年近くにもわたってインド国民に歌われつづけた、中世インドの女性聖者ミラバイの詩(パダ)を初めて邦訳。代表的な詩142篇を収める。

発売日
2005年9月11日
価格
定価1,404円(本体価格1,300円)
ページ数
344ページ
判型
B6判

ななしうた

詳細を見る

三雄 著

苦しみから生まれた怒りは純粋 僕は僕を追い詰める 危険を背負って 後戻りできない所へ追い詰める− 苦しみの中で呪詛のように呟くその言葉を詩にする。 強者(大人)たちが作りだしたひずみの陰で、弱者(若者)たちの苦しみを表現した短編詩集。

発売日
2005年9月1日
価格
定価648円(本体価格600円)
ページ数
100ページ
判型
文庫判

聖夜

詳細を見る

佐羽 美乃利 著

月から来た猫たちが 歌舞伎町のビルの上で 眠っている なわばり争いや恋や雨や さびしい人間たちのお相手で 忙しい一日の終わりに 夢を見ている−。1998年から2000年にかけての初期作品を収録した詩集。

発売日
2005年7月30日
価格
定価864円(本体価格800円)
ページ数
76ページ
判型
B6判

優しき心への水

詳細を見る

谷山 秀行 著

人間の優しさとは?真実とは?
自分に自信の持てない人に送る、心の癒し説話集。

発売日
2005年7月20日
価格
定価864円(本体価格800円)
ページ数
87ページ
判型
新書判

偶発的に青色に

詳細を見る

藤井 亮 著

人生を前向きに生きるための60の言葉たち。
日常の不条理に悩み、それでも抗いたい人に送る短編詩集。

発売日
2005年6月1日
価格
定価514円(本体価格476円)
ページ数
110ページ
判型
文庫判

六番めの「心ざわざわ」

詳細を見る

岡本 理香 著

作家・タレントとして活躍する岡本理香の精神詩集、心ざわざわシリーズ第6弾。
全ての心に対する愛と癒しを教えてくれる一冊。

発売日
2005年3月1日
価格
定価540円(本体価格500円)
ページ数
47ページ
判型
新書判

江戸前で洒落句・SAY

詳細を見る

月路乃、京泉 著

【初っ句】
『幸せ』の一番 知覚には『健康!』
… ヘルシー ぼく …  あなたにもヘルシーあげたい♪
【訓一句】ー 俳句はラップだ 五七GO!
今どきのボーイズ Be アンビリバ坊! … ランボー者 …
言い訳を言っている様じゃe訳ない! … e ……

発売日
2005年2月10日
価格
定価1,023円(本体価格947円)
ページ数
118ページ
判型
文庫判

花柄の紳士

詳細を見る

真崎 菜 著

花瓶には季節の花を飾り、隣には笑顔の種を撒く君がいる。そんな日常を31文字で描いたリップスティックグラフィティー。

発売日
2005年1月10日
価格
定価1,015円(本体価格940円)
ページ数
90ページ
判型
新書判